猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

中小製造業設備投資動向調査も読めるのにゃ!

中小製造業設備投資動向調査のポイント

☑中小製造業設備調査では最もサンプル数が多いにゃ!
☑調査対象を工業統計調査をもとにした母集団から抽出するために偏りがないとされるにゃ!
☑設備投資の動向は企業の景気判断を反映しているにゃ!

http://www.flickr.com/photos/105567585@N06/17062026458
photo by K-nekoTR

<趣旨>

中小製造業の設備投資の計画を掴むことができ、資金需要や景気動向を予測する重要な指標となっている。

<発表機関>

中小企業金融公庫

<発表周期>

年二回。4月と9月に調査を実施し、公表は2ヶ月後の上旬。4月調査では前年度の実績と本年度の当初計画を9月調査では本年度の修正計画を発表する。

<重要度>




中小製造業設備投資動向調査の調べ方

4月調査は全国の従業員20人以上300人未満の中小製造業社から3万社を抽出し、調査票を送付。送付を受けた調査票をもとに母集団推計をしている。9月調査は4月に回答があった企業が同様に対象となる。

中小製造業設備投資動向調査の読み方

1.景気先読みの材料

企業は景気が上向くと見れば設備投資を増やす傾向がある。特に経営判断が早い中小企業の設備投資は景気に先んじて動くとされ、景気の先読みの材料になる。ただ長引く不況で中小企業が設備投資に動きにくくなっており、必ずしも景気に先行しなくなっているとの指摘もある。