猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

半導体製造装置受注・販売統計も読めるのにゃ!

半導体製造装置受注・販売統計のポイント

半導体投資・需要の先行指標だにゃ!
☑輸出を含む日本製造装置と輸入を含む日本市場の2つの側面から製品別に動向を掴めるにゃ!
☑受注額を販売額(それぞれ3カ月平均)で割ったBBレシオで、受注が強含みが弱含みかの傾向が分かるにゃ!

http://www.flickr.com/photos/26444487@N07/4422696050
photo by Gatanass

<趣旨>

製造装置のメーカーの受注・販売動向を見ることで半導体メーカーの設備投資動向、将来の電子機器の生産・需要動向を見通すことができる。

<発表機関>

日本半導体製造装置協会(SEAJ)

<発表周期>

SEAJ発足1年後の1986年4月に販売統計の調査を開始、93年4月に受注統計が加わった。

<重要度>




半導体製造装置受注・販売統計の調べ方

SEAJが日本の半導体製造装置メーカー、外資系装置メーカーの日本法人など会員企業77社から毎月の受注・販売の実績値を集計している。会員の中にはデータ提出を拒否をしている企業もあるが、77社で全体の95%はカバーしている。

日本の半導体メーカーからの受注を示す日本市場の受注・販売額は、外資系企業の日本法人、輸入代理店のデータを反映させている。日本製造装置出荷先別(北米、欧州、韓国、台湾など)でも集計しているが、会員企業以外には公表していない。

半導体製造装置受注・販売統計の読み方

1.受注額の動きで景気の先行きを予測

半導体装置で製造される半導体はパソコンや携帯電話、AV器機など電子・情報機器などに搭載される。半導体メーカーは先行きの電子・情報機器などに搭載される。

半導体メーカーは先行きの電子・情報機器の需要が拡大すると判断すれば、積極的に設備投資を行うために製造装置メーカーに装置を発注するので、受注統計は景気の先行きを占うことができる。日本市場のデータでは、日本の景気動向が分かる。

2.製品別でメーカー各社の業績に与える影響を見る。

半導体回路を焼き付けるステッパー(回路露光装置)などウエハープロセス用処理装置、組立用装置、検査用装置など7種類の製品別に集計している。ニコンはステッパー、アドバンテストは試験装置というように半導体製造装置メーカーはそれぞれに得意としている製品分野があるので、製品別の動向を見ることで注目している企業の動向が分かる。