猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

海運統計も読めるのにゃ!

海運統計のポイント

☑輸出入動向を見るには欠かせないにゃ!
☑海運輸送の現況は日本の商船部隊の構成を示すにゃ!
☑どの港がよく使われているか一目瞭然にゃ!


http://www.flickr.com/photos/25598800@N02/6255997679
photo by macabrephotographer

<趣旨>

輸出入はもちろん国内でもモノを運ぶ最も重要な手段は船舶。船舶を使った輸送の動向を様々な面から分析しするのが、この統計の目的である。

<発表機関>

国土交通省総合政策局情報管理部門交通調査統計課

<アドレス>

www.mlit.go.jp

<発表期間>

月次。2〜6カ月後に「港湾統計月報」「内航船舶輸送統計月報」「海運輸送の現況」などとして発表。

<重要度>



海運統計の調査方法

「港湾統計」は国から委託をうけた都道府県知事が任命した調査員が全国820港を対象に調査。

「内航船舶輸送統計」は全国から約221社を選んで調査。

「海運輸送の現況」は外航海運業者約250社から調査。

海運統計の読み方

1.港の利用状況

港湾統計は入稿船舶数、乗り継ぎした人の数、揚げ降ろしした貨物量など港の利用状況を調べ、港の管理に役立ちます。

2.国内輸送の基軸は内航

内航船舶輸送統計は品目別、用途別に輸送量、輸送トンキロを集計。内航海運は国内輸送の中では自動車と肩を並べる

3.外国船の進出ぶりも分かる

「海外輸送の現況」は貨物輸送量を品目別、地域別に、輸出、輸入、三国間輸送の3つに分けて集計。運賃収入額も分かる。

また、輸出入総量から日本海運会社による輸送量を差し引けば、外国の海運会社による日本関連貨物の積取り比率と分かる。

日本の海運会社の輸送量については、日本籍船によるものか、外国籍船によるものかも調べている。

4.船舶や船員の数

「船舶統計」を見ると日本にある船舶の数や種類、老朽度を示す船齢などが分かる。船員統計では海で働く船員の数や余剰人員ともいえる予備船員数、船員の年齢などを調べている。これに関連した船員労働統計は船員の給与動向を調査している。

5.港湾の荷動きを見る

倉庫統計は港湾の荷動きを見るのに便利。主要港湾都市の輸入物資の入庫額、残高をはじめ、その他の都市の倉庫の利用状況も調べている。