猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

製造業部門別投入・産出物価指数も読めるのにゃ!

製造業部門別投入・産出物価指数のポイント

☑モノを生産するために必要な原材料の価格と、できあがった商品の値段を調べて、コストと製品価格の関係を把握するための指標だにゃ!
☑企業物価指数を補完する指標で、モノの流れと価格の動きがよくわかるにゃ!

Cats: Fun & Educational Facts About Cats for Children Ages 4 to 8…With Lots of Beautiful Pictures! (English Edition)

〈趣旨〉

商品の価格はいろいろなことが原因で上がったり、下がったりする。その理由を探るために作成されているのが、この製造業部門別投入・産出物価指数である。つまり、工場に牌いてくる原材料の価格と、工場から送り出されていく製品の値段をそれぞれ調べて、商品の値上がりが、原材料のコストの上昇によるものか、人件費を含めた製造加工コストの上昇によるものかを詳しく分析しようという指標。

〈発表機関〉

日本銀行調査統計局物価統計課

〈発表周期〉

月次。年次。
月次の主要指数は、翌々月の第8営業美に公表。たとえば4月分は、6月の上旬に新聞や日本銀行ホームページで発表、それより少し後に「物価指数月報」「金融経済統計月報」に掲載。

〈重要度〉

 C





製造業部門別投入・産出物価指数の読み方

1.生産性格差が分かる

製造業各部門のコスト吸収力、合理化努力、生産性の違いが間接的に読み取れる。

2.産業関連表と一緒に利用を

価格指数なので、経済構造の変化を調べる際には、産業関連表と合わせて利用した方がよい。

関連指標

nekodemowakarueconomic.hatenablog.com