猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

公社債店頭売買参考統計値も読めるのにゃ!

http://www.flickr.com/photos/28145073@N08/6672150457
photo by Moyan_Brenn

<趣旨>

株式と違って、金融機関同士の取引が大半を占める公社債の場合、取引所を通じた取引よりも、相対の取引(店頭取引)の比重が高くなる。取引所での取引に比べて相対取引ではそれだけ融通が利くというメリットがある一方、売買の内容が第3者には分からないため、市場の実勢価格や利回りを知らせることで取引の公正さを確保し、投資家保護を図ることを目的している。

<発表機関>

日本証券業協会

<発表周期>

取引日の毎夕刻。

重要度

C




社債店頭売買参考統計値の算出方法

まず、参考統計値を発表する対象である選定銘柄を選び、指定報告協会員と呼ばれる証券会社などから売買の参考になる木灰を報告してもらい、その平均値、中央値、最高値、最低値を発表する。気は意図は売り気配買い気配の中地である。報告会者数に応じて、城ケ数社分を除外するルールを設けており、特定の報告会社の気配を参考統計つが大きく左右されるのを防いでいる。

もともと、日本証券業協会では公社債店頭基準気配を発表した。しかし、証券会社などが気配を報告すsる上で時間的な制約があるほか、報告のあった気配の平均値を公表するのに実勢とかけ離れた気配が混じっているという批判もあり、制度を改めたものである。店頭基準気配が年金などの運用成績を時価評するために用いられることが多かったために用いられることが多かったため、機関投資家などから出た見直しを求める声に応えたことになる。

対象銘柄は円建ての公募債だが、日本証券業協会のホームページで確認することができる。