猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

株価指数先物相場も読めるのにゃ!

商品先物相場のポイント

☑株式相場の将来の水準を予測して、相場全体を売り買いする取引だにゃ!

猫 ペット 快適 ベッド テラス 窓に簡単取り付け 吸盤タイプ

<趣旨>

株価の変動リスクを回避するとお供に、現物指数との差額を活用する裁定取引や相場の先高や先安を見越した投機的な取引に用いられる。

<アドレス>

stocks.finance.yahoo.co.jp
stocks.finance.yahoo.co.jp

<発表周期>

毎日
日本経済新聞の朝夕刊に掲載されるほか、QUICK端末などを通じても知ることができる。

<重要度>

B




株価指数先物相場の読み方

1.株式将来の全体の水準を予測する

株価指数先物取引に参加する場合、日経平均とTOPIX両指数の特徴を把握しておくことが肝要である。日経平均は値がさ株に、TOPIXは時価総額の大きな銘柄の書かう変動にそれぞれ敏感に反応するので、値がさ株相場のときには日経平均先物、大型株相場のときはTOPIX先物を利用すると収益機会が広がる可能性が高まる。さ

我が国の株式先物取引は、1987年6月に大阪証券取引所がスタートした「株先50」が最初で、88年9月に月経平均、TOPIXりょうしすうを対象意にした本格的な指数先物の時代を迎えた。先物の価格は最低取引などのテクニカル要因いよっても変動するが、まずは先行きの株価の変動を推測して決まるのが鉄則である。

最近のように超低利時代になると、数か月先の理論価格に金利が与える影響は極めて小さくなるため、現物の価格とそれほど乖離せずに推移する傾向が強まる。