猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

対内・対外証券投資の推移も読めるのにゃ!

対内・対外証券投資のポイント

☑国内外の資本の流れを知るための重要な指標だにゃ!
☑新外為法施行で、対内・対外証券投資が原則自由になってからは、金融政策や外国為替政策の判断材料としても重視されるにゃ!


ボブという名のストリート・キャット

〈趣旨〉

外国企業や外国人の日本市場での株式、公社債売買額、日本企業・投資家による外国市場での証券売買額をまとめたもので、内から外、外から内への資本の流れを掴むのが狙いである。

〈発表機関〉

財務省国際局為替市場課国際収支室

〈アドレス〉

www.mof.go.jp

〈発表周期〉

月次。週次。

〈重要度〉

 B



対内・対外証券投資の調べ方

この統計は、①対内証券投資、②対外証券投資、③直接投資、④証券の募集・発行で構成されている。また、付表として主要国別、投資家別の対内および対外の証券投資と主要機関別が掲載されている。単位はいずれにも[億円]表示。

① 対内直接投資
外国企業が我が国に子会社を設立したり、既存企業の株式を手に入れて資本・経営参加したりするために投資した金額が、株式・持ち分の取得、貸付に分けて示されている。

② 対外特設投資
日本の企業や投資家が海外の子会社を設置するためなどに投資した金額が、株式・持ち分の取得、貸付、支店設備、拡張に分けて示されている。

③ 対内証券投資
外国企業や外国人が日本の株式・資本市場で売買した株式、政府短期証券を除く公社債。外国人が買った場合は「取得」、売った場合は「処分」として計上される。その差額が「ネット」として示される。買いがうちを上回った時は「取得超過」「買い越し」、逆の場合は、「処分超過」「売り越し」と呼ぶ。

④ 対外証券投資
日本の企業や投資家が海外市場で売買した株式、政府暗記証券を除く公社債で、公社債には受益証券も含まれる。

⑤ 証券の募集・発行
日本国内の居住者の外債発行状況と非居住者の日本国内での債権の悪口譲許が示されている

対内・対外証券投資の読み方

1. 資本移動が一目瞭然

日本と海外市場との資本の流れを知る上で、不可欠の統計である。

関連指標

nekodemowakarueconomic.hatenablog.com