猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

国内銀行貸出約定平均金利も読めるのにゃ!

国内銀行貸出約定平均金利のポイント

金利自由化が進む中で貸出金利の実勢を判断する指標として重視されるにゃ!
公定歩合長期金利の変動が、実際の金融市場でどの程度浸透したかを判断するモノサシになるにゃ!

わさびちゃんちの一味ちゃん

〈趣旨〉

全国銀行(都市銀行地方銀行第二地方銀行協会加盟行、信託銀行)が企業などにお金を貸し出すときに約束する金利の平均水準を示す。現実の貸出金利動向をチェックし、これを通じて資金需給関係を把握する。

〈発表機関〉

日本銀行金融市場局金融市場課

〈発表周期〉

月次。2カ月後の月初め前後に速報、下旬に「経済統計月報」に確報を掲載。

〈重要度〉

 C



国内銀行貸出約定平均金利の調べ方

日本銀行が全国銀行貸出金利率別残高調査をもとに、各月末ベースの約定金利、残高を加重平均して算出。

国内銀行貸出約定平均金利の読み方

1. まず、「総合」から見ること

貸出約定平均金利は、「短期(期間1年未満)」、「長期(期間1年以上)」、短期と長期を合わせた「総合」がある。設備資金などの金利を見る場合には、「長期」を、運転資金などの金利を見るには「短期」を参考にする。時間軸で金利の動きを見るためには、「総合」を参考にする。

2.国内貸し出しだけ

統計の対象になっているのは、全国銀行の国内支店の貸し出しだけで、在外支店の貸し出しは対象になっていない。