猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

日銀当座預金増減要因と金融調節も読めるのにゃ!

日銀当座預金増減要因と金融調節のポイント

市中銀行が日銀に保有している日銀当座預金の増減量とその要因について示すにゃ!
量的緩和下では、日銀当座預金の残高が金融調節のターゲットになっており注目度は高いにゃ!
☑日銀当座預金の増減のみが対象になるにゃ!

パートナーと幸せに暮らす方法: 引き寄せは簡単!

〈趣旨〉

日銀当座預金の需給関係を表す。当座預金の残高がどのような要因で増減しているか分かるので、おおまかな金融情勢について簡単に掴むことができる。

〈発表機関〉

日本銀行金融市場局金融調節課

〈発表周期〉

日次の速報が当日午後5時30分ころ、確報が翌日の午前10時ごろに発表。
月次は速報が月末の最終営業日、確報が翌月の第1営業日に発表。

〈重要度〉

 A





日銀当座預金増減要因と金融調節の調べ方

日銀券要因は日本銀行発券局総務課が発行額と環収額を計算。財政等要因は業務局統括科が集計。これらの指数全体のとりまとめは、金融市場局調節課が担当して公表。

日銀当座預金増減要因と金融調節

1. 日銀当座預金の残高を分析

日銀当座預金増減要因と金融調節は、日銀と市中金乳機関との間の現金需要のバランスを示している。

その定義は、
 (日銀券の発行増減額)+(財政資金の受払額)+(日銀の金融調節額)
                          =(日銀当座預金の増減額)

日銀は日銀券や財政資金の動向による市場資金需給の実券と経済情勢を鑑みながら、市場から国債などの手形を買って資金を供給する買いオペや手形などを売ることで資金を吸収する売りオペの金融調節を実施して、当座予期の残高を調整します。

資金需給実績の数字は、速報値がその日に出るなど速報性が高いので、短期市場の資金動向を読み取る重要な指標になります。

2.量的緩和下での金融財政策の柱

2001年3月から日銀は量的緩和を導入しています。公定歩合が最低水準の0.1%以上に張り付いて下げられなくなってしまったため、日銀当座預金の資金量を調整することで、金融政策を実行している。このため、日銀が当座預金にどれだけの資金を供給するからは、金融緩和・引き締めに直接に関わる重要な指標として見られている。

夏休みやゴールデンウィークなど、資金需要が多い場合は銀行のATMなどからたくさんの日銀券が世間に出ていきます、このため、金融機関は日銀に持っている口座からお金を引き出すため日銀券要因はマイナスになる。また、政府とのやりとりでは、年金などの資金が振り込まれると、まず、政府から日銀の口座を通じて市中銀行にお金を支払われるため、日銀当座預金残高は増加する。逆に、税金などの支払日は残高が減る要素になる。

日銀当座預金残高は、これらの要素から常に上下している。これをそのままMにしておけば、一時的にでも日銀当座預金残高が必要量より下回って、市中の銀行が必要な資金を十分に得られなくなる可能性が出てくる。

それを防ぐために、必要とみられるだけの残高を常に維持するために実行するのが金融調節です。「日銀当座預金増減要因と金融調節」では、具体的な金融調節の手法とその額も明記されている。

3.景気の動向と直接連動せず

日銀当座預金の増減は、金融市場における資金の総量と日銀の金融政策の動向を見る上で重要なデータであるが、銀行がその資金を利用して、どのような活動をしているのかなど預金通貨の動きを見ることができない。

量的緩和下では、資金市中銀行に十分に供給されていながら、それを銀行が貸出金に回していなことが問題にもなる。また、市中の現金量を示すマネタリーベースとも異なるため、日銀当座預金残高のみから景気動向を判断することができない。

4.季節によって大きく変動

日銀券と財政資金の増減委は季節的な波がある。年間を通して見ると両者は打ち消し合うため、金融調節をしなければ、全体量はほぼ一定になると言われている。

関連統計

nekodemowakarueconomic.hatenablog.com
nekodemowakarueconomic.hatenablog.com