猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

鉱工業生産・出荷・在庫・在庫率指数も読めるのにゃ!

鉱工業生産・出荷・在庫・在庫率指数のポイント

景気動向を敏感に映す重要な指標の一つだにゃ!
☑季節調整済みの各指数で月ごとの微妙な動きを追うにゃ!

猫の島 瀬戸内・青島 [DVD]

〈趣旨〉

日本の生産、出荷、在庫に関する諸活動を体系的に捉えることを目的に作成。鉱工業の生産活動、販売活動、在庫状況を把握することはもとより、そお製品が最終需要財として使われるか、生産財として使われるかなど、財に関連する経済活動の動きを掴むためにも活用。経済指標の中では、最もポピュラーで重要な指標の一つ。

〈発表機関〉

経済産業省経済産業政策局調査統計部経済解析室

〈発表周期〉

月次。速報値を、調査した翌月末頃に、確報値を四局月の半ばごろに公表。
また、経済産業公報などにも掲載。

〈重要度〉

 A



鉱工業生産・出荷・在庫・在庫率指数の調べ方

例えば、生産指数の場合、まず経済相の生産動態統計や多少両、民間の統計でその月の各製品生産量を調査し、基準年(現在は2000年)の月平均生産量を100として、これを指数化する。この品目別指数を基準年の付加価値をウェートに従ってラスパイレス方式で加重平均し、業種別、鉱工業総合等の指数を算出。

生産者出荷指数、生産者製品在庫指数も生産指数と同様に算出。生産者製品在庫率指数は、各品目の月間出荷量に対する月末在庫量の比率を基準年の在庫額ウェートにしたがって平均して算出。こうして計算した指数を過去の実績をもとにした季節指数で割って季節調整済みの指数を算出。

鉱工業生産・出荷・在庫・在庫率指数の読み方

1. 季節調整済み指数で国民経済活動の変化を敏速に捉える

鉱工業生産・出荷・在庫・在庫率は、国民所得統計などよりかなり早く、毎月1か月足らずの遅れで速報が発表されるため、経済の動きを敏速に捉えることができる。中D目尾季節調整済み指数は、季節による統計の癖を修正し、毎月同じ基準で、かつ一目で指数の動きを追えるように工夫されている。

生産指数の上昇は、通常、景気上昇を表す。しかし、景気下降局面の職には、生産は活発でも出荷が伸び悩み、余剰在庫が急増するケースが出てくる。企業は出荷不振に気付くとすぐに、新規生産を抑制するが、生産工程が長い場合にはすでに生産ラインいのっているまで生産を中止するわけにもいかず、結果的に生産指数が上昇してしまうためである。したがって、景気変動を総合的に見る際には、生産指数だけでなく出荷や在庫関連の指数も総合的に判断する必要がある。

ただ、出荷指数の元になる製品出荷量は同一企業内の工場から本・支店へ製品の出荷も含んでいるため、販売とは直接結びついていない場合もある。

2. 在庫指数と在庫率指数

在庫指数は不況初期、景気回復の初期とともに上昇する傾向がある。他の指数に基づく景気変動の判断を後で確認するための遅行指数の性格がある。一方、在庫率指数は景気の動きを先行的に示す。

3. 受注残高なども組み合わせる

この統計の対象品目は、2000年基準の場合、生産、出荷指数各521品目。他に公益事業のガス、電力、出版などの6品目に加えて産業総合指数を出すこともある。在庫指数は375品目、在庫率指数は349品目となっている。これらを業種分類、特殊分類して、それぞれ指数を発表する。これを利用して、業種別に生産動向を分析することも可能。

ただ、この統計では、ウェートとを基準時点に固定して算定するラスパイレス方式を採用しているため、産業構造の変化などは反映されず、基準時から離れるほど誤差が大きくなる可能性を含む。