猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

新車販売(登録者)台数も読めるのにゃ!

新車販売(登録者)台数のポイント

☑国内市場で新車の販売動向が分かるにゃ!
☑メーカー、車種、車名ごとの売れ行きを読み解くのに最適にゃ!
☑新車販売の動きから消費性向が読めるにゃ!

岩合光昭の世界ネコ歩き チリ DVD【2015年3月20日発売予定】予約受付開始!!!

〈アドレス〉

自販連のホームページ

〈発表周期〉

月次。速報は毎月最初の営業日に全月分を確報と車名別販売ランキングは速報値の4-5日後に発表。

〈重要度〉

 A




新車販売(登録車)台数の調査方法

国土交通省の外郭団体に、毎月、同省に登録された車両数の調査を依頼。その資料を基に作成。

新車販売(登録車)台数の読み方

1. 国内紙新車市場の流れを見る

統計から、全国的な新車の売れ行きが分かります。乗車用、トラック、バスなどの車種別、各自動車メーカー別、車種名別など分類ごとの市場動向がきめ細かく表示される。前年実績との比較により、販売動向が示される。

2. 統計の先行性は受注数を見る

新車を販売する場合、受注、登録を経て、最終的に代金を回収した時点で売り上げとして計上される。新車販売台数の統計では、登録が使われる。ただ、実質的には、販売店で顧客から注文を受けた時点で、自動車が売れるのはほぼ間違いないため、先行性を重視するなら受注状況参考にすべき。

3. 会社別・ファンド別の成績に注目

国内の自動車市場は、登録車と言われる排気量660cc声の自動車だけではなく、すでに市場全体の3割を占めるまでに成長した軽自動車を含めて考える必要がある。特に景気低迷期には、より価格の安い軽自動車に需要がシフトしがちである。登録車だけを見ていては、市場の動向を見誤ることがある。また、小穴軸価格が安い中古車人気も高まりを見せているので、中古車市場も合わせて考慮することが重要。