猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

OECDエコノミック・アウトルックも読めるのにゃ!

OECDエコノミック・アウトルックのポイント

☑世界で最も歴史が古く、世界経済予測の中で最も代表的な指標にゃ!

岩合光昭の世界ネコ歩き ポルトガル(ポストカード付)

〈趣旨〉

OECDエコノミック・アウトルックは、国際機関や民間研究所などが実施する世界経済予測の中で最も代表的なもの。

〈発表機関〉

OECD(Organization for Economic Cooperation and Development、経済協力開発機構

〈発表周期〉

5月と11月の年に2回。
報道機関向けに発表する。一般の人でもWebで用尺を入手できる。
出版物としての販売は6月と12月。

〈重要度〉

 A




OECDエコノミック・アウトルックの読み方

1. 歴史があり、継続性がある。

OECDエコノミック・アウトルックは、長い歴史を持っており、継続性がある。先進国については、ほとんどのマクロ経済指標が盛り込まれており、継続性がある。

2. 世界最高権威

世界的経済予測では最も権威があり、引用されるケースが最も多い。OECD加盟34カ国の経済成長や物価、金利などの主要マクロ経済指標や経済動向を分析し、短期予測をしている。加盟国が成長と物価案手に必要な経済政策を立案するのに役立つのが目的。