猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

消費動向調査も読めるのにゃ!

消費動向調査のポイント

☑消費者心理を示す最も重要な指標にゃ!
☑収入額や地域ごとの傾向も分かるにゃ!
☑耐久消費財の購入状況も分かるにゃ!

猫式生活のすゝめ: 猫飼いが知っておきたい100のコト

〈趣旨〉

景気の重要な要素である個人消費の動向に大きく左右する消費者心理を把握できる。
学習塾など補習教育費や外食費などサービス支出状況、商用耐久消費財などの購入・保有状況もまとめられている

〈発表機関〉

内閣府経済社会総合研究所

〈発表周期〉

四半期ごと(3月、6月、9月、12月)に調査。
発表はそれぞれの翌月。

〈重要度〉

 A




消費者動向調査の調査方法

 全国の一般世帯(単身、外国人世帯を除く。)約3400万世帯から5000世帯を選定し、実施。

消費者動向調査の読み方

1. 心理の把握は消費者態度指数

消費者態度指数は、「暮らし向き」「収入の増え方」「物価の上がり方」「雇用環境」「耐久消費財の買い時判断」についての今後半年間の見通しを5段階で調査、回答に比重をつけて指数を算出。
前回の調査と比較するように、季節調整値を公表。消費生活と深い関係がある雇用・所得環境の他、株価動向や国際情勢などの影響を受けやすい。

2. 物価の上がり方には注意が必要

消費者態度指数を算出する際には、「物価の上がり方」を聞くが、デフレ下では評価が難しい。
日本経済にとって、デフレ克服が課題になっているが、消費者が物価の上昇を予想すると、全体の指数上はマイナス要因になる。
このため、「物価の上がり方」の影響を除いた消費者動向指数を重視することもある。

3.個人消費との関係性

消費者態度指数が改善すると、個人消費を後押ししやすくなる。
ただ所得水準が厳しい中では、消費者態度指数が伸びても消費に回せるお金が減っているといった要因もある。

4. 耐久消費財の普及率も分かる

同調査では、主要耐久消費財の購入・保有状況の他、毎年3月の時は製品の普及率も公表。
対象となる耐久消費財は以下の22品目。
 カラーテレビ、携帯電話(スマートフォンスマートフォン以外)、ルームエアコン
 乗用車(新車、中古車)、パソコン、デジタルカメラ、温水洗浄便座、光ディスクプレーヤー、
 先発洗面台化粧台、システムキッチン、ファンヒーター、FAX、温水器、食器洗い機
 衣類乾燥機(洗濯機一体型、その他)、空気清浄器、ビデオカメラ、タブレット型端末

関連統計

nekodemowakarueconomic.hatenablog.com
nekodemowakarueconomic.hatenablog.com