猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

消費者物価指数も読めるにゃ!

消費者物価指数のポイント

☑消費者向け商品とサービス価格動向を時系列で見れるにゃ!
☑デフレ、インフレを議論する場で一番注目されるにゃ!

http://www.flickr.com/photos/7702423@N04/10431376733
photo by cseeman


〈趣旨〉
消費者が平均的に購入する商品やサービスを固定して、総合的に物価がどのように変化しているかを指数で表します。原則として年金の物価スライドの基準になるなど政策決定などにも役立っている。

〈発表機関〉
総務省統計局

〈アドレス〉

〈発表周期〉
月次。
毎月26日を含む週の金曜日。
全国は前月分お指数、東京都区部は当月分の中旬速報値も報告。

〈重要度〉
 A

消費者物価指数の調査方法

消費者が購入する商品を約600品目に分けて調査。
個別品目の価格は小売物価統計調査で調べている。
167市町村について、各地区で販売量の多い1-3店舗を選んで販売価格を調査。
これに消費者の支出額に応じて比重を計算して指数を求めます。

指数は特定の基準時点で比重を固定し、その時点に比べて価格がどう動いたかを調べるラスパイレス型を採用。
消費者が時間の経過とともに購入商品が変化したとしても、すぐに比重の変更はしない。

ただし長期間を減ると指数が実態に合わなくなるので、総務省では、5年に一度変更します。
指数の作成は、まず個別品目の価格とその比重を利用して、小さな対象分野の指数を算出、同様の手法で徐々に大きな分類の指数を作っていき、最終的に総合指数にする。
全国の指数も最初に市町村別の指数を算出し、市町村別の比重を利用して算出する。

消費者物価指数の読み方

1. 物価の趨勢は「生鮮食品を除く総合」で
時系列的に物価動向の状況を見るには、値動きの激しいものを外す必要がある。
生鮮食品は天候などの要因によって価格が大幅に変動するので、他の商品やサービスの価格動向をみえにくくしてしまう。
米国の消費者物価指数でも同じ考え方から、食料・エネルギー分野を除く指数がコアと呼ばれている。

2. 速報性重視なら「東京都区部」で
東京都区分については、毎月後半になるとその月中旬の速報値が発表になる。
同時に発表になる前月の全国分では、生鮮食品などは旬ごとに調べて平均価格を求めるといったものの、直近の物価動向が分かる。
ただ東京都区部は全国平均に比べて家賃など動きに差が出やすいなどは考慮に入れておく。

3. 制度の変更などに注意
商品やサービスの中には税金が含まれていたり、診療代のように健康保険によって実際には一部の代金にしか支払っていなかったりするケースがある。
このため税制や社会保障制度が変更になった場合は、消費者物価指数に影響が及ぶ。

4. モノとサービスの指標
消費者物価指数では、家賃や外食などサービス価格が5割近く含まれている。
サービス価格は人件費の割合が高く、財価格の変動の影響が受けにくいといった性質がある。
このため、消費者物価指数は財が中心の企業物価指数に比べて変動幅が小さい傾向がある。





関連指標

nekodemowakarueconomic.hatenablog.com