猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

マネタリーベースだにゃ!

マネタリーベースのポイント

☑ お金の量や伸び率から金融緩和の度合が分かるにゃ!

http://www.flickr.com/photos/33726378@N07/5716435104
photo by Outburner


マネタリーベースの詳細

 <趣旨>
  マネータリーベースは、日銀が金融市場で銀行や証券会社に直接供給しているお金の残高。
  現金と日銀当座預金の残高の和で構成される。
  日銀は、景気が悪くなる局面で供給するお金の量を増やし、景気が良くなると資金量を減らす。
  金融政策のかじ取りをする上で、大切な指標。

 <発表機関>
  日本銀行調査統計局経済統計課

 <アドレス>
  http://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/mb/

 <発表期間>
  月次。

 <重要度>
  A



マネタリーベースの読み方

 1.マネタリーベースのコントロールが金融緩和の度合いを示す。
   日銀は公開市場を通じて金融市場に直接供給する資金を調節。
   その量や伸び率は、金融緩和の度合いを示す。
   日銀が当座預金気残高の操作目標を引き上げると、
   それに比例してマネタリーベースの残高や伸び率が上がる。

 2.マネタリーベースの季節性
   マネタリーべスにも季節性がある。
   企業や個人の現金需要が膨らむ年末年始やゴールデンウィークなどの
   長期休暇に当たる時期はには増加します。

関連統計

nekodemowakarueconomic.hatenablog.com