猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

財政資金対民間収支だにゃ!

財政資金対民間収支のポイント

 ☑ 国が民家との間で行うお金の受払を示すにゃ!
 ☑ 市中の通貨量の増減と関係するにゃ!
 ☑ 収支状況に応じ、日銀が通貨量を調整するにゃ!

http://www.flickr.com/photos/33152876@N08/8524663366
photo by Trish Hamme

財政資金対民間収支の詳細

<趣旨>
 財政資金の動向は通貨発行高の増減を通じて金融に大きな影響を与える。
 毎月の初めに、財政資金の民間との間の受払の前月実績とその月の見込みを公表する。<発表機関>
 財務省理財局国庫課<アドレス>
 http://www.mof.go.jp/exchequer/reference/receipts_payments/

<発表期間>
 月次。<重要度>
 B



財政資金対民間収支の調査方法

 1.一般会計、食糧管理特別会計資金運用部など、
   民間との資金の受払の窓口となった機関ごとに収支を集計。

財政資金対民間収支の読み方

 1.収支尻に注意。
    財政資金が散布超過 ⇒ 通貨増発
    財政資金が引揚超過 ⇒ 通貨量の縮小

   民間の金融状態には通貨量の大小が強く影響するので、
   散布超過は金融を緩慢にし、引揚超過は金融を窮屈にする。
   このため、財政資金の散布超過または引揚超過が大きい時は、
   日銀が日銀信用の増減により、資金量を調整しており、
   日銀が発表している資金需給実績を見るとその結果が分かります。
  
 2.収支には季節的な要因がある。
    税収の多い月や少ない月は予め想定できる。
    したがって、収支尻は季節的に散布超過の月と引揚超過の月の一定傾向を示す。
 
 3.予算、財政投融資とも関係する。
    国の予算や財政投融資計画の編成の仕方、執行方針が影響する。
    予算の財政投融資計画を引き締めることは、
    財政資金の民間に対する散布を減らし、金融引き締めと似たような効果を及ぼす。