猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

国民経済計算〈SNA〉にゃ!

国民経済計算のポイント

 ☑国の経済を総合的に把握できるにゃ!
 ☑ストックとフローの両方から経済的な実力を把握できるにゃ!
 ☑国連の基準があるから各国の経済を平等に比較できるにゃ!

http://www.flickr.com/photos/27306478@N03/2701675171
photo by Ana co0ol(USA)

国民経済計算(SNA)の詳細

〈趣旨〉
 国民経済計算(System of National Accounts:SNA)が正式名称。
 一国の経済を総合的に把握できる統計の代表。
 財貨やサービスの流れやそれに対応する金の動きを示すフローと、
 建物や機械、土地、金融資産、負債などのストックを総合的に記録。
 国全体の経済活動をモノとお金の側面から総合的に捉えることができます。
 また、国連の基準に基づいて各国が作成するため、国際比較が可能なことも特徴です。

〈発表機関〉
 内閣府経済社会総合研究所国民経済計算部

〈アドレス〉
 http://www.esri.cao.go.jp/

〈発表期間〉
 確報は毎年末に前年の数値が公表され、「国民経済計算年報」などの形で刊行される。
 内閣府経済社会総合研究所のホ-ムページでも閲覧できます。
 また、四半期別GDP国内総生産)については、
 一次速報が毎年四半期終了後、2カ月と10日程度後に公表されます。
 これはQE(Quarterly Estimates)と呼ばれ、重要な経済指標になっています。
 一時速報後、さらに1カ月後程度には、
 追加基礎統計を加味した二次速報が改定値として公表されます。

〈重要度〉
 A

国民経済計算(SNA)の調査方法

 1.日本の国民経済計算は次の5つの勘定を体系的かつ総合的に整理しています。
  ①国民所得勘定 ・・・経済全体の生産・分配・支出の関係を示す。
  ②産業関連表  ・・・財貨・サービスごとの投入・産出の構造を記録する。
  ③資金循環統計 ・・・部門間ごとの資金の流れを把握し、金融活動を記録する。
  ④国際収支統計  ・・・海外との経済取引を記録する。
  ⑤国民貸借対照表・・・資産・負債・正味資産といったストックを記録する。

 2.各勘定については、所得の分配と使用を記録する所得支出勘定を4つに分配。
  社会保障などの所得再分配を示す勘定を設けています。
  資産変動のうち取引以外の要因分を示す調整勘定も分割。
  金融機関による不良債権償却や土地・株式の値上がり益、値下がり損も分けて示す。

 3.GDPの推計方法は、日本では基礎統計の豊富な需要面から国内総支出として推計。
  ①人的推計法・・・家計へアンケートを行ない、支出した人を対象に推測する方法。
  ②物的推計法・・・経済産業省の工業統計表から推測する方法。
           (コモディティ・フロー法)
 4.コモディティ・フロー法による国内総支出の確報の暦年分の推計。
  財貨・サービスの生産、輸出入、在庫の増減を把握して総供給額を推計。
  財貨・サービスの意記載を流通段階ごとに消費、投資など需要項目ごとに把握。

 5.次年のベンチマークの作成。
  四半期ごとのQEは、コモディティ・フロー法で求めた前年の暦年の国内総支出を、
  家計調査で求めた四半期別の構成比で分割し、次の年のベンチマークとする。

 6.その年の四半期の国内総支出を推測
  前年のベンチマークで求めた数値に対し、
  家計調査など人的推計法で求めたその年の推計値の前年同期比をかけあわせて推計。

 7.実質値に修正。
  得られた推計値を項目ごとに物価変動値を示すデフレータで実質値に修正。
  最後に気候などの影響で生じる季節変動要因を取り除く季節調整をかけて、
  経済指標として重視される実質の季節調整系列を作成する。


国民経済計算(SNA)の読み方

 1.QEを重視
  景気指標としては、四半期ごとに公表されるQEが重視されます。
  実質国内総生産GDP)の前期ホ増減率が、実質経済成長率になります。
  米国では、前期比を年率に換算した数字を使うことが多く、
  日本でも国際比較のために同様の前期比年率で見る場合が増えてきます。

 2.名目経済成長率にも注目。
  最近は物価下落が続くデフレが進行する場合、
  実質経済成長率では物価下落分のかさ上げされる。
  このため、家計や経営者の体感委近い名目の経済成長率も重要な指標に。

 3.過去の数値も変わる。
  GDP統計は、基礎統計の改定により、過去の数値が変わることにも注意。

 4.GDPでは測りきれない経済規模について。
  最近は、国民経済計算が捉えきれない経済活動が問題になっています。
  例えば、アンダーグランド経済(麻薬取引や売春、非合法の遊興関係など)や、
  市場外の労働(家庭における主婦の労働)をどのように評価するかが課題に。
  さらには、SNSをはじめとするコミュニティがもたらす効果など、
  ソーシャルキャピタルの測定にも関心が集まっています。

関連統計

nekodemowakarueconomic.hatenablog.com

シェアして下さると嬉しいです!

 最後までお読みいただきありがとうございます。
 このブログは皆さまからの応援を元気の源にし執筆活動を行っております。
 貴方からの暖かいシェアをお待ちしております。