猫好きのFXトレーダーが経済指標の読み方をメモするブログ

猫でも分かる経済指標

ただの猫好きFXトレーダー

景気予測調査だにゃ!

景気予測調査のポイント

 ☑企業家真理を調べることで景気の先行きを読むにゃ!
 ☑財務省の景気見通しに関する判断の基礎材料だにゃ!

http://www.flickr.com/photos/23277160@N04/3619290728
photo by -LucaM- Photography WWW.LUCAMOGLIA.IT


景気予測調査の詳細

 
〈趣旨〉
 景況感の把握が中心。
 特に経済のサービス化、ソフト化が言われていることから
 サービス産業など新産業分類による企業の動向把握に重点を置いています。

〈発表機関〉
 財務省財務総合政策研究所調査統計部

〈アドレス〉
 http://www.esri.cao.go.jp/jp/stat/hojin/menu_hojin.html

〈発表周期〉
 3、6、9、12の初旬

〈重要度〉
 A

景気予測調査の調査方法

1.金融・保険業を除く資本金1000万円以上の企業から約1万社を調査対象とし、
  郵送によるアンケートと財務局員によるヒアリング調査を組み合わせて調べます。

景気予測調査のの読み方
1.将来の景気を予測
   景気調査には、日銀の短観や内閣府の企業動向調査などがあります。
   日銀の短観は現時点の景況が「良い」か「悪い」かを調べるが、
   財務省の景気予測調査は景況が上向きか下向きかのトレンドを調べています。
   日銀短観にはない調査として、中期的な経営課題なども調べています。

2.調査項目
   景況、企業収益、売上高、設備投資、受給、雇用、
   企業の資金繰り、貸し渋り、経営上の問題点など。

3.景気転換の読み方
   B.S.I(Business survey index)を作成しています。
   前期と比較して上昇するか下降するかなどから経済の動向を把握するもので、
   景況判断がマイナスからプラスに転ずる点が景気の谷になります。

シェアして下さると嬉しいです!

最後までお読みいただきありがとうございます。
このブログは皆さまからの応援を元気の源にし執筆活動を行っております。
貴方からの暖かいシェアをお待ちしております。